• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
24/2/13~全品10%OFF クーポンコードは7854★次回3月下旬に隕石ペンダント登録

石質隕石 エイコンドライト

ミルビリリー 3.2g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト Millbillillie No.2
ミルビリリー 3.2g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト Millbillillie No.2
【サイズ】 約 縦21X横16X高8mm 【重さ】 約3.2g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州 【発見年】 1960年10月 【ミルビリリーの豆知識】 総既知重量330Kgで1960年10月の午後1時頃に落下が観測されましたが、しばらく放置されており1970年に正式に発見されました。 駅の作業員F.Vicenti氏とF.Quadrio氏がミルビリリーとジャンディーの線路上のゲートを開いている時に火の玉を観察し、それは北の平野に落ちましたがその時は捜索されず、D.Vicenti氏とM.Finch氏が1970年と1971年にこの平野で2つの石を発見したことで正式に登録され、その後に先住民族のアボリジニが他の破片も発見しました。 最大の石(20kg)と小さな石(565g)が西オーストラリア博物館に展示されています。 【エイコンドライト ユークライト】 エイコンドライトの中では最も一般的なのがユークライトで、カルシウムに富むアノーサイトという斜長石を多く含むためカルシウムに富んだエイコンドライトに分類されます。 ピジョン輝石のマトリックスには小さな鉄金属の粒が含まれているので、僅かに磁石にくっつく標本もあります。 ユークライトの最大の特徴は落下したばかりのものには黒く輝く溶融表皮があることで、ダイオジェナイトにはない特徴です。
¥31,800
ビランガ 0.86g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト Bilanga No.1
ビランガ 0.86g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト Bilanga No.1
【サイズ】 約 縦12X横10X高4mm 【重さ】 約0.86g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト 【発見地】 ブルキナファソ共和国ビランガ 【発見年】 1999年10月27日 【ビランガの豆知識】 総既知重量25Kgで最もひどく分裂したダイオジェナイトの1つです。 現地時間10時30分に隕石のシャワーが広く目撃された後、ビランガ村周辺に落下したと報告されています。 地元の村人たちはいくつかの大きな爆発を聞きましたが、その日は空が雲で覆い隠されていたので何も見えず、しばらくしてから村を囲む広い範囲にたくさんの石が落ちるのを発見し、新鮮な黒い核融合地殻を持つ25kgの隕石が集められました。 Michael Farmer氏は2000年にブルキナファソへ渡航し落下現場から多くの標本を回収しました。 2019年現在では新しい標本が見つかっておらず、今現在流通しているもの以外ではビランガ隕石は入手することができません。 将来的にコレクターが欲しがることは決定的ですが、入手することは難しいとMichael Farmer氏は記述していました。 【エイコンドライト ダイオジェナイト】 ダイオジェナイトはギリシャの哲学者ディオゲネス(Diogenes)にちなんで名付けられ、ディオゲネスは隕石が地球外からやってきたものだと初めて示唆した人だと言われています。 ダイオジェナイトは鉄に富んだハイパーシーンとブロンザイトという斜方輝石の結晶からほぼ出来ており、地球上ではあまり見られないフェロシライトなどを含んでいます。 オーブライトと同様でほぼ純粋な単一鉱物であり、母天体の内部で冷却がゆっくり進んだため結晶が大きく成長した貫入岩であり深成岩です。
¥20,800
ビランガ 2.0g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト Bilanga No.2
ビランガ 2.0g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト Bilanga No.2
【サイズ】 約 縦15X横11X高10mm 【重さ】 約2.0g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト 【発見地】 ブルキナファソ共和国ビランガ 【発見年】 1999年10月27日 【ビランガの豆知識】 総既知重量25Kgで最もひどく分裂したダイオジェナイトの1つです。 現地時間10時30分に隕石のシャワーが広く目撃された後、ビランガ村周辺に落下したと報告されています。 地元の村人たちはいくつかの大きな爆発を聞きましたが、その日は空が雲で覆い隠されていたので何も見えず、しばらくしてから村を囲む広い範囲にたくさんの石が落ちるのを発見し、新鮮な黒い核融合地殻を持つ25kgの隕石が集められました。 Michael Farmer氏は2000年にブルキナファソへ渡航し落下現場から多くの標本を回収しました。 2019年現在では新しい標本が見つかっておらず、今現在流通しているもの以外ではビランガ隕石は入手することができません。 将来的にコレクターが欲しがることは決定的ですが、入手することは難しいとMichael Farmer氏は記述していました。 【エイコンドライト ダイオジェナイト】 ダイオジェナイトはギリシャの哲学者ディオゲネス(Diogenes)にちなんで名付けられ、ディオゲネスは隕石が地球外からやってきたものだと初めて示唆した人だと言われています。 ダイオジェナイトは鉄に富んだハイパーシーンとブロンザイトという斜方輝石の結晶からほぼ出来ており、地球上ではあまり見られないフェロシライトなどを含んでいます。 オーブライトと同様でほぼ純粋な単一鉱物であり、母天体の内部で冷却がゆっくり進んだため結晶が大きく成長した貫入岩であり深成岩です。
¥39,800
NWA7674 1.2g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ロドラナイト No.1
NWA7674 1.2g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ロドラナイト No.1
【サイズ】 約 縦17X横12X高2.3mm 【重さ】 約1.2g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ロドラナイト 【発見地】 モロッコ王国テマラ 【発見年】 2012年12月 【NWA7674の豆知識】 総既知重量225gでモロッコ北西部にあるテマラの隕石マーケットでAdam Aaronson氏が購入したことで発見されました。 UWB(University of Washington BOX...)に21gのサンプル破片がある以外はAdam Aaronson氏が保有しているため、情報も少なく群を抜いてレアな隕石です。 【エイコンドライト ロドラナイト】 1868年10月1日14時に落下したパキスタンのロドランにちなんで名付けられ、珪酸塩鉱物の大部分はカンラン石と輝石で構成されておりアカプルコタイトよりも粗粒です。 ロドラナイトは鉄ニッケルと硫化鉄が共晶点に達するまで加熱されたコンドライトで、達した時点で部分溶融が起こり金属とシリカの溶融物の一部が取り除かれました。 ロドラナイトとアカプルコタイトは、おそらくS型小惑星に近い母天体が起源であると考えられており、ロドラナイトの方が粒子が粗く同位体法でより高い温度が得られるため母天体のより深部で作られたものだと考えられています。
¥29,800
NWA7831 1.6g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト No.5
NWA7831 1.6g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト No.5
【サイズ】 約 縦15X横12X高6mm 【重さ】 約1.6g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト 【発見地】 西サハラ地域サギア・エル・ハムラ 【発見年】 2013年3月3日 【NWA7831の豆知識】 2013年3月3日に西サハラのサギア・エル・ハムラ付近の地中に総質量20Kgの塊が埋まっているのを地元住民の隕石ハントチームが発見しましたが、発掘中に何百もの小さな破片に分解されたため大きな標本はほとんどありません。 鉄分が非常に少なくほとんどが黄緑色の半透明な斜方輝石の結晶で構成されており、小惑星ベスタ内の適度な深さで形成されたと考えられ酸素同位体に加え他の鉱物の粒からも地球外起源であることが確認されました。 【エイコンドライト ダイオジェナイト】 ダイオジェナイトはギリシャの哲学者ディオゲネス(Diogenes)にちなんで名付けられ、ディオゲネスは隕石が地球外からやってきたものだと初めて示唆した人だと言われています。 ダイオジェナイトは鉄に富んだハイパーシーンとブロンザイトという斜方輝石の結晶からほぼ出来ており、地球上ではあまり見られないフェロシライトなどを含んでいます。 オーブライトと同様でほぼ純粋な単一鉱物であり、母天体の内部で冷却がゆっくり進んだため結晶が大きく成長した貫入岩であり深成岩です。
¥2,880
NWA7831 1.6g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト No.7
NWA7831 1.6g 原石 標本 隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト No.7
【サイズ】 約 縦14X横10X高7mm 【重さ】 約1.6g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト 【発見地】 西サハラ地域サギア・エル・ハムラ 【発見年】 2013年3月3日 【NWA7831の豆知識】 2013年3月3日に西サハラのサギア・エル・ハムラ付近の地中に総質量20Kgの塊が埋まっているのを地元住民の隕石ハントチームが発見しましたが、発掘中に何百もの小さな破片に分解されたため大きな標本はほとんどありません。 鉄分が非常に少なくほとんどが黄緑色の半透明な斜方輝石の結晶で構成されており、小惑星ベスタ内の適度な深さで形成されたと考えられ酸素同位体に加え他の鉱物の粒からも地球外起源であることが確認されました。 【エイコンドライト ダイオジェナイト】 ダイオジェナイトはギリシャの哲学者ディオゲネス(Diogenes)にちなんで名付けられ、ディオゲネスは隕石が地球外からやってきたものだと初めて示唆した人だと言われています。 ダイオジェナイトは鉄に富んだハイパーシーンとブロンザイトという斜方輝石の結晶からほぼ出来ており、地球上ではあまり見られないフェロシライトなどを含んでいます。 オーブライトと同様でほぼ純粋な単一鉱物であり、母天体の内部で冷却がゆっくり進んだため結晶が大きく成長した貫入岩であり深成岩です。
¥2,880
NWA12929 3.2g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.1
NWA12929 3.2g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.1
【サイズ】 約 縦24X横23X高2.2mm 【重さ】 約3.2g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 アフリカ北西部 【発見年】 2018年12月 【NWA12929の豆知識】 2018年12月にモロッコのDustin Dickens氏が匿名の隕石ディーラーから購入したことで発見されました。 その後にサンプルがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に送られC. Agee氏が分析したことろ、同一に見える破片の外観は砂漠の影響で風化しており、破断面からは暗色の細粒の内部が見え、約60%の輝石と35%の斜長石の他に微量のシリカとトロイライトが観察される角礫岩からできており、衝撃溶融脈が存在するという結果が出ました。 【エイコンドライト ユークライト】 エイコンドライトの中では最も一般的なのがユークライトで、カルシウムに富むアノーサイトという斜長石を多く含むためカルシウムに富んだエイコンドライトに分類されます。 ピジョン輝石のマトリックスには小さな鉄金属の粒が含まれているので、僅かに磁石にくっつく標本もあります。 ユークライトの最大の特徴は落下したばかりのものには黒く輝く溶融表皮があることで、ダイオジェナイトにはない特徴です。
¥13,800
NWA12929 4.4g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.3
NWA12929 4.4g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.3
【サイズ】 約 縦32X横21X高2.8mm 【重さ】 約4.4g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 アフリカ北西部 【発見年】 2018年12月 【NWA12929の豆知識】 2018年12月にモロッコのDustin Dickens氏が匿名の隕石ディーラーから購入したことで発見されました。 その後にサンプルがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に送られC. Agee氏が分析したことろ、同一に見える破片の外観は砂漠の影響で風化しており、破断面からは暗色の細粒の内部が見え、約60%の輝石と35%の斜長石の他に微量のシリカとトロイライトが観察される角礫岩からできており、衝撃溶融脈が存在するという結果が出ました。 【エイコンドライト ユークライト】 エイコンドライトの中では最も一般的なのがユークライトで、カルシウムに富むアノーサイトという斜長石を多く含むためカルシウムに富んだエイコンドライトに分類されます。 ピジョン輝石のマトリックスには小さな鉄金属の粒が含まれているので、僅かに磁石にくっつく標本もあります。 ユークライトの最大の特徴は落下したばかりのものには黒く輝く溶融表皮があることで、ダイオジェナイトにはない特徴です。
¥18,800
NWA12929 5.1g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.4
NWA12929 5.1g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.4
【サイズ】 約 縦30X横21X高3.5mm 【重さ】 約5.1g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 アフリカ北西部 【発見年】 2018年12月 【NWA12929の豆知識】 2018年12月にモロッコのDustin Dickens氏が匿名の隕石ディーラーから購入したことで発見されました。 その後にサンプルがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に送られC. Agee氏が分析したことろ、同一に見える破片の外観は砂漠の影響で風化しており、破断面からは暗色の細粒の内部が見え、約60%の輝石と35%の斜長石の他に微量のシリカとトロイライトが観察される角礫岩からできており、衝撃溶融脈が存在するという結果が出ました。 【エイコンドライト ユークライト】 エイコンドライトの中では最も一般的なのがユークライトで、カルシウムに富むアノーサイトという斜長石を多く含むためカルシウムに富んだエイコンドライトに分類されます。 ピジョン輝石のマトリックスには小さな鉄金属の粒が含まれているので、僅かに磁石にくっつく標本もあります。 ユークライトの最大の特徴は落下したばかりのものには黒く輝く溶融表皮があることで、ダイオジェナイトにはない特徴です。
¥21,800
NWA12929 7.4g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.5
NWA12929 7.4g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.5
【サイズ】 約 縦56X横34X高1.9mm 【重さ】 約7.4g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 アフリカ北西部 【発見年】 2018年12月 【NWA12929の豆知識】 2018年12月にモロッコのDustin Dickens氏が匿名の隕石ディーラーから購入したことで発見されました。 その後にサンプルがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に送られC. Agee氏が分析したことろ、同一に見える破片の外観は砂漠の影響で風化しており、破断面からは暗色の細粒の内部が見え、約60%の輝石と35%の斜長石の他に微量のシリカとトロイライトが観察される角礫岩からできており、衝撃溶融脈が存在するという結果が出ました。 【エイコンドライト ユークライト】 エイコンドライトの中では最も一般的なのがユークライトで、カルシウムに富むアノーサイトという斜長石を多く含むためカルシウムに富んだエイコンドライトに分類されます。 ピジョン輝石のマトリックスには小さな鉄金属の粒が含まれているので、僅かに磁石にくっつく標本もあります。 ユークライトの最大の特徴は落下したばかりのものには黒く輝く溶融表皮があることで、ダイオジェナイトにはない特徴です。
¥31,800
NWA7383 2.8g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.1
NWA7383 2.8g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.1
【サイズ】 約 縦26X横18X高2.7mm 【重さ】 約2.8g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 モロッコ王国 【発見年】 2012年1月 【NWA7383の豆知識】 サハラ砂漠で総質量329gの塊を発見したモロッコの隕石ハンターがアメリカで開催されているツーソンショーに持ち込み、Michael Farmer氏が購入したことで登録されました。 塊の外観はやや風化していますが切断すると新鮮な薄灰色で細粒の層が出現します。 ニューメキシコ大学のC. Agee氏が分析し20gのスライスが大学に寄託されており、Michael Farmer氏が主塊を保有しています。 【エイコンドライト ユークライト】 エイコンドライトの中では最も一般的なのがユークライトで、カルシウムに富むアノーサイトという斜長石を多く含むためカルシウムに富んだエイコンドライトに分類されます。 ピジョン輝石のマトリックスには小さな鉄金属の粒が含まれているので、僅かに磁石にくっつく標本もあります。 ユークライトの最大の特徴は落下したばかりのものには黒く輝く溶融表皮があることで、ダイオジェナイトにはない特徴です。
¥21,800
NWA7383 3.6g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.2
NWA7383 3.6g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ユークライト No.2
【サイズ】 約 縦25X横33X高2.8mm 【重さ】 約3.6g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 モロッコ王国 【発見年】 2012年1月 【NWA7383の豆知識】 サハラ砂漠で総質量329gの塊を発見したモロッコの隕石ハンターがアメリカで開催されているツーソンショーに持ち込み、Michael Farmer氏が購入したことで登録されました。 塊の外観はやや風化していますが切断すると新鮮な薄灰色で細粒の層が出現します。 ニューメキシコ大学のC. Agee氏が分析し20gのスライスが大学に寄託されており、Michael Farmer氏が主塊を保有しています。 【エイコンドライト ユークライト】 エイコンドライトの中では最も一般的なのがユークライトで、カルシウムに富むアノーサイトという斜長石を多く含むためカルシウムに富んだエイコンドライトに分類されます。 ピジョン輝石のマトリックスには小さな鉄金属の粒が含まれているので、僅かに磁石にくっつく標本もあります。 ユークライトの最大の特徴は落下したばかりのものには黒く輝く溶融表皮があることで、ダイオジェナイトにはない特徴です。
¥30,800
NWA1929 1.3g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ホワルダイト No.1
NWA1929 1.3g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ホワルダイト No.1
【サイズ】 約 縦22X横17X高2.2mm 【重さ】 約1.38g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ホワルダイト 【発見地】 モロッコ王国エルフード 【発見年】 2003年5月 【NWA1929の豆知識】 2003年5月にモロッコ東部にあるエルフォードの隕石マーケットで部分的に溶融表皮で覆われた922.2gの塊をMichael Farmer氏が購入し、アメリカのノーザン・アリゾナ大学にサンプルが送られT.E.Bunch氏とJ.H.Wittke氏が分析することで正式に登録されました。 22gのサンプル標本がNAUに寄託されている以外はMichael Farmer氏が主質量を保有しています。 【エイコンドライト ホワルダイト】 ホワルダイトはダイオジェナイトとユークライトの破片からなるポリミクト角礫岩でコンドライト質の物質も含んでおり、ホワルダイトの結晶には太陽風によるダメージが見られ、これは月の土壌サンプルに見られるダメージとほぼ同量であることから母天体は太陽に近い位置に存在していたと考えられています。 太陽風によるダメージから火星と木星の間にある惑星帯に起源があると考えられ、小惑星ベスタ表面の岩石組成がダイオジェナイトとユークライトの破片からなるポリミクト角礫岩に似ていることからホワルダイトの母天体だと考えられています。
¥10,800
NWA1929 1.9g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ホワルダイト No.2
NWA1929 1.9g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ホワルダイト No.2
【サイズ】 約 縦28X横16X高2.2mm 【重さ】 約1.94g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ホワルダイト 【発見地】 モロッコ王国エルフード 【発見年】 2003年5月 【NWA1929の豆知識】 2003年5月にモロッコ東部にあるエルフォードの隕石マーケットで部分的に溶融表皮で覆われた922.2gの塊をMichael Farmer氏が購入し、アメリカのノーザン・アリゾナ大学にサンプルが送られT.E.Bunch氏とJ.H.Wittke氏が分析することで正式に登録されました。 22gのサンプル標本がNAUに寄託されている以外はMichael Farmer氏が主質量を保有しています。 【エイコンドライト ホワルダイト】 ホワルダイトはダイオジェナイトとユークライトの破片からなるポリミクト角礫岩でコンドライト質の物質も含んでおり、ホワルダイトの結晶には太陽風によるダメージが見られ、これは月の土壌サンプルに見られるダメージとほぼ同量であることから母天体は太陽に近い位置に存在していたと考えられています。 太陽風によるダメージから火星と木星の間にある惑星帯に起源があると考えられ、小惑星ベスタ表面の岩石組成がダイオジェナイトとユークライトの破片からなるポリミクト角礫岩に似ていることからホワルダイトの母天体だと考えられています。
¥15,800
ドファール485 2.5g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ホワルダイト Dhofar485 No.2
ドファール485 2.5g 原石 スライス カット 標本 隕石 エイコンドライト ホワルダイト Dhofar485 No.2
【サイズ】 約 縦30X横20X高1.8mm 【重さ】 約2.55g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ホワルダイト 【発見地】 オマーン国ドファール特別行政区 【発見年】 2001年1月 【Dhofar485の豆知識】 2001年1月にオマーン国ドファール特別行政区にある砂漠地帯で総質量1558gの4つの塊が発見されました。 その後、ドイツにあるアルベルトルートヴィヒ大学フライブルクにサンプルが送られJ.Otto氏とA.Ruh氏が分析することで正式に登録されました。 ドファール特別行政区の砂漠地帯では様々なタイプの隕石が発見されており2022年12月現在ではDhofar001-2124が存在します。 【エイコンドライト ホワルダイト】 ホワルダイトはダイオジェナイトとユークライトの破片からなるポリミクト角礫岩でコンドライト質の物質も含んでおり、ホワルダイトの結晶には太陽風によるダメージが見られ、これは月の土壌サンプルに見られるダメージとほぼ同量であることから母天体は太陽に近い位置に存在していたと考えられています。 太陽風によるダメージから火星と木星の間にある惑星帯に起源があると考えられ、小惑星ベスタ表面の岩石組成がダイオジェナイトとユークライトの破片からなるポリミクト角礫岩に似ていることからホワルダイトの母天体だと考えられています。
¥29,800
隕石販売.jp 10%OFF

お得なセール情報を受け取る