• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
24/2/13~全品10%OFF クーポンコードは7854★3月下旬に隕石ペンダント登録

石鉄隕石 パラサイト

イミラック 11g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Imilac No.5
イミラック 11g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Imilac No.5
【サイズ】 約 縦54X横28X高2.4mm 【重さ】 約11.9g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1822年 【イミラックの豆知識】 総質量は920Kgとされており1822年にチリ北部のアタカマ砂漠で発見されました。 kg単位の塊が多くのメテオライトハンターに発見され数g単位の小さな破片も数多く発見されており、イミラック隕石の標本はオリビンのきめが細かく美しいことから隕石コレクターから高く評価されています。 近年ではメテオライトハンターが大型の機械を導入し落下地域の捜索を成功させましたが、世界中のコレクターに人気があるため取引価格が上昇しています。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥178,000
セリコ 8.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.5
セリコ 8.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.5
【サイズ】 約 縦34X横22X高2.5mm 【重さ】 約8.7g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ケニア共和国ハバスウェイン 【発見年】 2016年 【セリコの豆知識】 2016年に2人の兄弟が彼らのラクダを探していて、ハバスウェイン村の西部にあるセリコの南でいくつかの大きくて緻密な石に遭遇しました。 実は、この岩石は何十年も前からそこにありラクダ飼いたちに知られていましたが隕石とは認識されていませんでした。 しかし、この地域には他に岩石がないので兄弟は隕石だと判断し、数週間かけてエンジンホイスト(自動車のエンジンを吊る道具)で集めて2017年1月に隕石ハンターのMichael Farmer氏のもとにジャイアントパラサイトの件名を付けて107Kgの岩石の写真を添付した電子メールを送り、Michael Farmer氏と仲間が現地に赴いたことで新しく発見された隕石となります。 兄弟たちの家にの中庭には1トン以上の標本が積まれていたそうで、総重量は2.8トンだとされており風化も進んでいなかったことからセリコ隕石からは良質なパラサイトの標本が手に入ります。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥31,800
セリコ 9.5g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.6
セリコ 9.5g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.6
【サイズ】 約 縦31X横25X高2.6mm 【重さ】 約9.5g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ケニア共和国ハバスウェイン 【発見年】 2016年 【セリコの豆知識】 2016年に2人の兄弟が彼らのラクダを探していて、ハバスウェイン村の西部にあるセリコの南でいくつかの大きくて緻密な石に遭遇しました。 実は、この岩石は何十年も前からそこにありラクダ飼いたちに知られていましたが隕石とは認識されていませんでした。 しかし、この地域には他に岩石がないので兄弟は隕石だと判断し、数週間かけてエンジンホイスト(自動車のエンジンを吊る道具)で集めて2017年1月に隕石ハンターのMichael Farmer氏のもとにジャイアントパラサイトの件名を付けて107Kgの岩石の写真を添付した電子メールを送り、Michael Farmer氏と仲間が現地に赴いたことで新しく発見された隕石となります。 兄弟たちの家にの中庭には1トン以上の標本が積まれていたそうで、総重量は2.8トンだとされており風化も進んでいなかったことからセリコ隕石からは良質なパラサイトの標本が手に入ります。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥34,800
セリコ 10g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.7
セリコ 10g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.7
【サイズ】 約 縦29X横26X高3mm 【重さ】 約10.6g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ケニア共和国ハバスウェイン 【発見年】 2016年 【セリコの豆知識】 2016年に2人の兄弟が彼らのラクダを探していて、ハバスウェイン村の西部にあるセリコの南でいくつかの大きくて緻密な石に遭遇しました。 実は、この岩石は何十年も前からそこにありラクダ飼いたちに知られていましたが隕石とは認識されていませんでした。 しかし、この地域には他に岩石がないので兄弟は隕石だと判断し、数週間かけてエンジンホイスト(自動車のエンジンを吊る道具)で集めて2017年1月に隕石ハンターのMichael Farmer氏のもとにジャイアントパラサイトの件名を付けて107Kgの岩石の写真を添付した電子メールを送り、Michael Farmer氏と仲間が現地に赴いたことで新しく発見された隕石となります。 兄弟たちの家にの中庭には1トン以上の標本が積まれていたそうで、総重量は2.8トンだとされており風化も進んでいなかったことからセリコ隕石からは良質なパラサイトの標本が手に入ります。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥36,800
セリコ 11g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.8
セリコ 11g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Sericho No.8
【サイズ】 約 縦36X横24X高2.9mm 【重さ】 約11.6g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ケニア共和国ハバスウェイン 【発見年】 2016年 【セリコの豆知識】 2016年に2人の兄弟が彼らのラクダを探していて、ハバスウェイン村の西部にあるセリコの南でいくつかの大きくて緻密な石に遭遇しました。 実は、この岩石は何十年も前からそこにありラクダ飼いたちに知られていましたが隕石とは認識されていませんでした。 しかし、この地域には他に岩石がないので兄弟は隕石だと判断し、数週間かけてエンジンホイスト(自動車のエンジンを吊る道具)で集めて2017年1月に隕石ハンターのMichael Farmer氏のもとにジャイアントパラサイトの件名を付けて107Kgの岩石の写真を添付した電子メールを送り、Michael Farmer氏と仲間が現地に赴いたことで新しく発見された隕石となります。 兄弟たちの家にの中庭には1トン以上の標本が積まれていたそうで、総重量は2.8トンだとされており風化も進んでいなかったことからセリコ隕石からは良質なパラサイトの標本が手に入ります。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥42,800
セイムチャン 5.3g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.4
セイムチャン 5.3g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.4
【サイズ】 約 縦24X横24X高mm 【重さ】 約5.3g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥24,800
セイムチャン 6.0g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.7
セイムチャン 6.0g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.7
【サイズ】 約 縦24X横21X高2.4mm 【重さ】 約6.0g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥27,800
セイムチャン 6.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.9
セイムチャン 6.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.9
【サイズ】 約 縦27X横19X高2.8mm 【重さ】 約6.7g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥29,800
セイムチャン 7.0g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.10
セイムチャン 7.0g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.10
【サイズ】 約 縦29X横19X高2.6mm 【重さ】 約7.0g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥31,800
セイムチャン 7.2g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.11
セイムチャン 7.2g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.11
【サイズ】 約 縦24X横28X高2.5mm 【重さ】 約7.2g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥33,800
セイムチャン 7.4g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.12
セイムチャン 7.4g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.12
【サイズ】 約 縦24X横24X高2.5mm 【重さ】 約7.4g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥33,800
セイムチャン 7.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.13
セイムチャン 7.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.13
【サイズ】 約 縦24X横28X高2.7mm 【重さ】 約7.7g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥34,800
セイムチャン 8.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.14
セイムチャン 8.7g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.14
【サイズ】 約 縦30X横24X高2.6mm 【重さ】 約8.7g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥39,800
セイムチャン 8.9g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.15
セイムチャン 8.9g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.15
【サイズ】 約 縦27X横24X高2.8mm 【重さ】 約8.9g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥39,800
セイムチャン 9.0g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.16
セイムチャン 9.0g スライス カット 標本 石鉄 隕石 パラサイト Seymchan No.16
【サイズ】 約 縦32X横23X高2.6mm 【重さ】 約9.0g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 錆防止のため薄く樹脂コーティングが施されています。 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 ロシア連邦マガダン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【セイムチャンの豆知識】 1967年6月に地質学者のF.A.Mednikov氏がマガダン地方のブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの鉄隕石の塊をヘカンドゥ川で発見しました。そこはセイムチャンという都市の近くでした。 同年10月にはI.H.Markov氏が地雷探知機を使い、最初の塊から20m離れた場所にて51Kgの鉄隕石の塊を発見し、その標本はソビエト連邦科学アカデミーに寄贈されました。 2004年に行われた新たな調査ではDmitri Kachalin氏が約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊を発見し、塊のうち約20%が石鉄隕石となっています。 セイムチャンはパラサイトメイングループに分類されていますがイリジウムを非常に多く含んでおり、イレギュラーな隕石だとされ、非常に安定しているので錆びにくいのが特徴です。 【石鉄隕石 パラサイト】 丸みのある粗粒状のカンラン石とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ており、パラサイトという名前はシベリアの山中にあるクラスノヤルスク付近で発見された隕石を研究したドイツの博物学者ペーター・ジーモン・パラス氏にちなんで1772年に名付けられました。 パラサイトの鉄-ニッケル部分はオクタへドライトなのでエッチングによりウィドマンシュテッテン構造が現れ、トロイライトやシュライバーサイトが含まれていることも多く、パラサイトの中にはブレナムのように空気に触れると酸化しやすい(錆びやすい)不安定なものやセイムチャンのように酸化しにくいものもあり様々です。
¥40,800
隕石販売.jp 10%OFF

お得なセール情報を受け取る