• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
24/2/13~全品10%OFF クーポンコードは7854★3月下旬に隕石ペンダント登録

石質隕石 ルムルチコンドライト

NWA13758 4.4g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.2
NWA13758 4.4g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.2
【サイズ】 約 縦25X横10X高5mm 【重さ】 約4.4g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 ルムルチコンドライト R3 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国アドラル 【発見年】 2017年 【NWA13758の豆知識】 サハラ砂漠の隕石ディーラーがアルジェリアの遊牧民から購入し、その後にMark Lyon氏とDustin Dickens氏が入手したことで登録されました。最初の塊が発見されたのはタネズロフト高原で最も近い町はアルジェリアのアドラルにあるレゲインだと伝えられています。 既知の総重量は約100kgで質量1gから5kg超までの約500個が発見されており、1127gの完全な塊と57gのスライスがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に寄託され、Mark Lyon氏は20kgの主要な塊を所有し、Dustin Dickens氏は60kgの中・小型の塊を所有しています。 【石質隕石 ルムルチコンドライト】 ケニア南西部にあるルムルチ近郊で新たな隕石が発見されたことで命名されました。 明るい砕屑片が埋まった角礫岩のような構造をしており、コンドリュールが少なく鉄-ニッケルはほとんど含まれていませんが磁硫鉄鉱を含むため僅かに磁石にくっつく標本もあります。 鉄を含む橄欖石の量がコンドライトの中では最も高くコンドライトの中では最も鉄の酸化度が高いことがRコンドライトの一番の特徴です。
¥21,800
NWA13758 7.3g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.3
NWA13758 7.3g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.3
【サイズ】 約 縦34X横25X高2.7mm 【重さ】 約7.3g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 ルムルチコンドライト R3 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国アドラル 【発見年】 2017年 【NWA13758の豆知識】 サハラ砂漠の隕石ディーラーがアルジェリアの遊牧民から購入し、その後にMark Lyon氏とDustin Dickens氏が入手したことで登録されました。最初の塊が発見されたのはタネズロフト高原で最も近い町はアルジェリアのアドラルにあるレゲインだと伝えられています。 既知の総重量は約100kgで質量1gから5kg超までの約500個が発見されており、1127gの完全な塊と57gのスライスがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に寄託され、Mark Lyon氏は20kgの主要な塊を所有し、Dustin Dickens氏は60kgの中・小型の塊を所有しています。 【石質隕石 ルムルチコンドライト】 ケニア南西部にあるルムルチ近郊で新たな隕石が発見されたことで命名されました。 明るい砕屑片が埋まった角礫岩のような構造をしており、コンドリュールが少なく鉄-ニッケルはほとんど含まれていませんが磁硫鉄鉱を含むため僅かに磁石にくっつく標本もあります。 鉄を含む橄欖石の量がコンドライトの中では最も高くコンドライトの中では最も鉄の酸化度が高いことがRコンドライトの一番の特徴です。
¥35,800
NWA13758 8.1g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.4
NWA13758 8.1g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.4
【サイズ】 約 縦34X横24X高3.2mm 【重さ】 約8.1g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 ルムルチコンドライト R3 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国アドラル 【発見年】 2017年 【NWA13758の豆知識】 サハラ砂漠の隕石ディーラーがアルジェリアの遊牧民から購入し、その後にMark Lyon氏とDustin Dickens氏が入手したことで登録されました。最初の塊が発見されたのはタネズロフト高原で最も近い町はアルジェリアのアドラルにあるレゲインだと伝えられています。 既知の総重量は約100kgで質量1gから5kg超までの約500個が発見されており、1127gの完全な塊と57gのスライスがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に寄託され、Mark Lyon氏は20kgの主要な塊を所有し、Dustin Dickens氏は60kgの中・小型の塊を所有しています。 【石質隕石 ルムルチコンドライト】 ケニア南西部にあるルムルチ近郊で新たな隕石が発見されたことで命名されました。 明るい砕屑片が埋まった角礫岩のような構造をしており、コンドリュールが少なく鉄-ニッケルはほとんど含まれていませんが磁硫鉄鉱を含むため僅かに磁石にくっつく標本もあります。 鉄を含む橄欖石の量がコンドライトの中では最も高くコンドライトの中では最も鉄の酸化度が高いことがRコンドライトの一番の特徴です。
¥38,800
NWA13758 8.7g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.5
NWA13758 8.7g 原石 スライス カット 標本 隕石 ルムルチコンドライト R3 No.5
【サイズ】 約 縦35X横26X高3.3mm 【重さ】 約8.7g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 ルムルチコンドライト R3 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国アドラル 【発見年】 2017年 【NWA13758の豆知識】 サハラ砂漠の隕石ディーラーがアルジェリアの遊牧民から購入し、その後にMark Lyon氏とDustin Dickens氏が入手したことで登録されました。最初の塊が発見されたのはタネズロフト高原で最も近い町はアルジェリアのアドラルにあるレゲインだと伝えられています。 既知の総重量は約100kgで質量1gから5kg超までの約500個が発見されており、1127gの完全な塊と57gのスライスがアメリカ合衆国ニューメキシコ大学に寄託され、Mark Lyon氏は20kgの主要な塊を所有し、Dustin Dickens氏は60kgの中・小型の塊を所有しています。 【石質隕石 ルムルチコンドライト】 ケニア南西部にあるルムルチ近郊で新たな隕石が発見されたことで命名されました。 明るい砕屑片が埋まった角礫岩のような構造をしており、コンドリュールが少なく鉄-ニッケルはほとんど含まれていませんが磁硫鉄鉱を含むため僅かに磁石にくっつく標本もあります。 鉄を含む橄欖石の量がコンドライトの中では最も高くコンドライトの中では最も鉄の酸化度が高いことがRコンドライトの一番の特徴です。
¥41,800
隕石販売.jp 10%OFF

お得なセール情報を受け取る