• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
【5/20.21.24は臨時休業】2024年5月 全品20%OFF クーポンコード「202425」

鉄隕石 オクタヘドライト

マンドラビラ 10.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.12
マンドラビラ 10.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.12
【サイズ】 約 縦20X横15X高9mm 【重さ】 約10.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥6,500
マンドラビラ 10.8g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.13
マンドラビラ 10.8g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.13
【サイズ】 約 縦22X横16X高8.6mm 【重さ】 約10.8g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥6,800
マンドラビラ 11.5g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.14
マンドラビラ 11.5g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.14
【サイズ】 約 縦28X横15X高10mm 【重さ】 約11.5g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥7,200
マンドラビラ 14.8g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.15
マンドラビラ 14.8g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.15
【サイズ】 約 縦29X横15X高10mm 【重さ】 約14.8g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥9,300
マンドラビラ 17.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.16
マンドラビラ 17.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.16
【サイズ】 約 縦19X横19X高16mm 【重さ】 約17.4g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥10,900
マンドラビラ 17.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.17
マンドラビラ 17.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.17
【サイズ】 約 縦36X横24X高9mm 【重さ】 約17.4g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥10,900
マンドラビラ 4.3g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.21
マンドラビラ 4.3g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.21
【サイズ】 約 縦20X横8X高6.9mm 【重さ】 約4.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥4,100
マンドラビラ 5.4g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.22
マンドラビラ 5.4g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.22
【サイズ】 約 縦20X横11X高6.3mm 【重さ】 約5.4g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥4,990
マンドラビラ 8.0g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.24
マンドラビラ 8.0g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.24
【サイズ】 約 縦30X横11X高7.9mm 【重さ】 約8.0g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥7,400
マンドラビラ 8.2g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.25
マンドラビラ 8.2g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.25
【サイズ】 約 縦23X横12X高7.9mm 【重さ】 約8.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥7,700
マンドラビラ 8.3g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.26
マンドラビラ 8.3g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.26
【サイズ】 約 縦22X横11X高8.0mm 【重さ】 約8.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥7,800
マンドラビラ 8.5g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.27
マンドラビラ 8.5g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.27
【サイズ】 約 縦20X横13X高8.1mm 【重さ】 約8.5g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥7,990
マンドラビラ 8.6g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.28
マンドラビラ 8.6g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.28
【サイズ】 約 縦29X横12X高7.2mm 【重さ】 約8.6g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥8,100
マンドラビラ 8.6g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.29
マンドラビラ 8.6g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.29
【サイズ】 約 縦23X横11X高10mm 【重さ】 約8.6g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥8,100 SOLD OUT
マンドラビラ 8.5g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.30
マンドラビラ 8.5g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.30
【サイズ】 約 縦30X横10X高10mm 【重さ】 約8.5g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥8,100
マンドラビラ 9.4g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.31
マンドラビラ 9.4g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.31
【サイズ】 約 縦29X横12X高8.8mm 【重さ】 約9.4g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥8,700
マンドラビラ 9.6g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.32
マンドラビラ 9.6g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.32
【サイズ】 約 縦24X横17X高6.3mm 【重さ】 約9.6g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥8,700
マンドラビラ 10.3g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.33
マンドラビラ 10.3g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.33
【サイズ】 約 縦28X横11X高8.3mm 【重さ】 約10.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原 【発見年】 1911年 【マンドラビラの豆知識】 総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。 また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
¥9,700
キャニオンディアブロ 16g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 CanyonDiablo No.6
キャニオンディアブロ 16g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 CanyonDiablo No.6
【サイズ】 約 縦32X横22X高15mm 【重さ】 約16.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アメリカ合衆国アリゾナ州ココニノ群 【発見年】 1891年 【キャニオンディアブロの豆知識】 アメリカのアリゾナ州でバリンジャー・クレーターを作った隕石の破片の1つと考えられている隕石で1891年にクレーターから西に5〜6km離れたディアブロ峡谷で発見された。 15万年前から500万年前の間に地球に衝突しバリンジャー・クレーターを作った隕石のサイズは25mから30mの大きさといわれており発見されている隕石だけでも30トンはあります。 オクタヘドライトに分類され博物館でサンプルを見ることができます。 主要含有物にはダイヤモンド・グラファイト・シュライベルス石・コヘナイト・単硫鉄鉱物などがあります。 また、キャニオン・ディアブロ隕石からロンズデーライト・モアッサン石・ハクソン鉱・クリノフ石が初めて発見されました。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥12,400 SOLD OUT
キャニオンディアブロ 16g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 CanyonDiablo No.7
キャニオンディアブロ 16g 原石 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 CanyonDiablo No.7
【サイズ】 約 縦29X横21X高10mm 【重さ】 約16.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アメリカ合衆国アリゾナ州ココニノ群 【発見年】 1891年 【キャニオンディアブロの豆知識】 アメリカのアリゾナ州でバリンジャー・クレーターを作った隕石の破片の1つと考えられている隕石で1891年にクレーターから西に5〜6km離れたディアブロ峡谷で発見された。 15万年前から500万年前の間に地球に衝突しバリンジャー・クレーターを作った隕石のサイズは25mから30mの大きさといわれており発見されている隕石だけでも30トンはあります。 オクタヘドライトに分類され博物館でサンプルを見ることができます。 主要含有物にはダイヤモンド・グラファイト・シュライベルス石・コヘナイト・単硫鉄鉱物などがあります。 また、キャニオン・ディアブロ隕石からロンズデーライト・モアッサン石・ハクソン鉱・クリノフ石が初めて発見されました。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥12,400 SOLD OUT
隕石販売.jp 20%OFF

お得なセール情報を受け取る