• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
★全品5%OFF中★クーポンコードは「2024」です♪

石鉄隕石 メソシデライト

ヴァカムエルタ 12g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.2
ヴァカムエルタ 12g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.2
【サイズ】 約 縦45X横25X高4mm 【重さ】 約12.5g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥26,800
ヴァカムエルタ 16g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.3
ヴァカムエルタ 16g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.3
【サイズ】 約 縦41X横34X高4mm 【重さ】 約16.0g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥33,800
ヴァカムエルタ 16g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.4
ヴァカムエルタ 16g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.4
【サイズ】 約 縦51X横38X高4mm 【重さ】 約16.1g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥33,800
ヴァカムエルタ 16g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.5
ヴァカムエルタ 16g スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.5
【サイズ】 約 縦42X横34X高4mm 【重さ】 約16.7g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥35,800
ボンドク 9.4g 原石 スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト Bondoc No.7
ボンドク 9.4g 原石 スライス 標本 石鉄 隕石 メソシデライト Bondoc No.7
【サイズ】 約 縦30X横18X高7.6mm 【重さ】 約9.4g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-B4 【発見地】 フィリピン共和国ルソン島ボンドク半島 【発見年】 1956年 【ボンドクの豆知識】 ボンドクは1956年にフィリピン共和国ルソン島の一部であるボンドク半島のジャングルで約890kgの大きな塊として発見されました。この隕石自体はもっと昔から認識されていましたが低品質な鉄鉱石だと勘違いされていました。 その後にH.H.Nininger氏がフィリピンの役所で小さな塊を見て興味を示し、ジャングルから大きな塊を回収させてアメリカの研究所に送ったことによって正式に発見されました。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥29,800
ヴァカムエルタ 3.5g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.1
ヴァカムエルタ 3.5g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta No.1
【サイズ】 約 縦18X横17X高8.5mm 【重さ】 約3.5g ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥27,800
隕石販売.jp 全品5%OFF

お得なセール情報を受け取る