• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
【5/20.21.24は臨時休業】2024年5月 全品20%OFF クーポンコード「202425」

マンドラビラ 13g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.11

マンドラビラ 13g 原石 スライス 標本 隕石 鉄隕石 隕鉄 Mundrabilla No.11
¥15,900
【サイズ】
約 縦38X横26X高10mm
【重さ】
約13.1g
ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。
【種類】
鉄隕石 オクタヘドライト IAB
【発見地】
オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原
【発見年】
1911年
【マンドラビラの豆知識】
総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。
1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。
1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。
1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。
隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。
また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
【鉄隕石 オクタヘドライト】
オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。
エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、
構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。
ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
【サイズ】
約 縦38X横26X高10mm
【重さ】
約13.1g
ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。
【種類】
鉄隕石 オクタヘドライト IAB
【発見地】
オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原
【発見年】
1911年
【マンドラビラの豆知識】
総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。
1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。
1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。
1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。
隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。
また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
【鉄隕石 オクタヘドライト】
オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。
エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、
構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。
ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「insekihanbai.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「insekihanbai.jp」を許可するように設定してください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
¥20,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

  • 日本郵便 クリックポスト

    全国一律で送料無料です。
    ※発送日から1-3日後くらいにお手元に届きます。
    ※土日祝祭日の配達もあります。
    ※日時指定はできません。
    ★ラッピングは一切行っておりません★
    ポスト投函、追跡番号有りです。
    小さな箱型ダンボールと緩衝材で保護して発送させていただきます。
    高さが25mm以上ある商品をご注文いただいた場合、追加送料なしで対面受取のレターパックプラスで発送させていただく場合がございます。

    全国一律 ¥0
  • 日本郵便 レターパックプラス

    【送料】
    全国一律520円
    ※商品代金20,000円以上での送料無料
    ※発送日から1-3日後くらいにお手元に届きます。
    ※日時指定はできません。
    【ご利用上のご注意】
    対面受取、追跡番号有りです。
    最短で発送いたしますが日時指定はできませんので不在票にて対応をお願いいたします。
    箱型ダンボールと緩衝材で保護して発送させていただきます。

    全国一律 ¥520

※¥20,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

ショップの評価

【サイズ】
約 縦38X横26X高10mm
【重さ】
約13.1g
ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。
【種類】
鉄隕石 オクタヘドライト IAB
【発見地】
オーストラリア連邦西オーストラリア州ナラボー平原
【発見年】
1911年
【マンドラビラの豆知識】
総質量は約24tでマンドラビラの主質量である12.4tの塊は西オーストラリア博物館で保存されています。
1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewing氏によって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。
1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowle氏が3つの小さな鉄の破片(94g.45g.38g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。
1966年4月に12.4tと5.4tの2つの非常に大きな鉄塊が地質学者のR.B. Wilson氏とA.M氏によってナラボー平原で発見されました。
隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では世界で11番目に主質量が大きい隕石として認識されます。
また、2018年3月にはマンドラビラの主質量である12.4tの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。
【鉄隕石 オクタヘドライト】
オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。
エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、
構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。
ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
通報する
隕石販売.jp 20%OFF

お得なセール情報を受け取る