クリソコラ 珪孔雀石 98g 原石 標本 山口県山上鉱山 Chrysocolla 4

通販特別価格 3,480円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦62X横42X高30mm
【重さ】
約98.3g
【産地】
山口県美祢市山上於福町山上鉱山
【分類】
珪酸塩鉱物(フィロ珪酸塩鉱物)
【化学式】
(Cu.Al)2H2Si2O5(OH)4・nH2O
【結晶系】
単斜晶系
【へき開】
なし
【モース硬度】
2.5-3.5
【光沢】
ガラス光沢
【色】
青色、青緑色、緑色
【条痕】
白色
【比重】
1.9-2.4
【珪孔雀石の豆知識】
クリソコラはギリシャ語で金の意味を持つchrysoと膠(にかわ)の意味を持つkollaに由来しており古代の宝石師が金をつなぐのに、この鉱物を使ったそうです。
明瞭な結晶形を示さない鉱物で、塊状、腎臓状、葡萄状のものが多く、緑色の縞目がある原石があることから、和名は珪孔雀石と呼ばれています。
孔雀石(マラカイト)の炭酸がフィロ珪酸に置換したような組成をしており、孔雀石と同時に産出することが多いが、珪孔雀石は孔雀石と違って塩酸で発砲しないので容易に見分けることができます。
ネイティブ・アメリカン達は、この石を地球や大地との絆を感じさせてくれる聖なる石として崇め、魔よけのお守りとしても大切にしてきたそうです。