• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
2023年1月8日に約160商品を入荷しました。

New Arrival

ガオギニー 6.1g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 1
ガオギニー 6.1g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 1
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦21X横19X高10mm 【重さ】 約6.1g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥3,680
ガオギニー 6.5g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 2
ガオギニー 6.5g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 2
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦20X横16X高12mm 【重さ】 約6.5g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥3,880 SOLD OUT
ガオギニー 6.9g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 3
ガオギニー 6.9g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 3
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦19X横21X高11mm 【重さ】 約6.9g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥4,180
ガオギニー 7.3g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 4
ガオギニー 7.3g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 4
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦27X横18X高12mm 【重さ】 約7.3g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥4,380
ガオギニー 7.7g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 5
ガオギニー 7.7g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 5
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦18X横15X高14mm 【重さ】 約7.7g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥4,580
ガオギニー 7.8g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 6
ガオギニー 7.8g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 6
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦22X横17X高12mm 【重さ】 約7.8g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥4,680
ガオギニー 8.8g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 7
ガオギニー 8.8g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 7
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦21X横16X高15mm 【重さ】 約8.8g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥5,280
ガオギニー 9.1g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 8
ガオギニー 9.1g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 8
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦31X横17X高12mm 【重さ】 約9.1g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥5,480
ガオギニー 10g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 9
ガオギニー 10g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 9
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦26X横15X高16mm 【重さ】 約10.9g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥6,580
ガオギニー 12g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 10
ガオギニー 12g 原石 標本 隕石 普通コンドライト H5 GaoGuenie 10
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦28X横21X高18mm 【重さ】 約12.3g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 ブルキナファソ共和国 【発見年】 1960年3月5日 【ガオ・ギニーの豆知識】 1960年3月5日に西アフリカに位置する現在のブルキナファソのガオ・ギニーに落下しました。 3回の衝撃音の後、数千の隕石が70平方kmの範囲に落下し、爆発音は100km離れた首都ワガドゥグーでも聞くことができたそうです。 元々はガオとギニーで区別されていましたが、1999年にガオ・ギニーに統合されました。 アフリカ大陸で観測された隕石の中では最も複数に分かれて落下してきた隕石で、回収された隕石の中では10kgが最大の重さです。 しかし、好き勝手に持ち去られたため隕石の総重量は不明ではありますが、痕跡から総重量は1トンを超えているのではないかと言われています。 【石質隕石 普通コンドライト H】 金属鉄(元素ではなく金属状態の鉄)の量が多いのがH(High iron)です。 重量の25-31%が全鉄で、15-19%が結合していない金属鉄なので簡単に磁石にくっつきます。 金属の含有率が高いことに加え主に同量の橄欖石と輝石から出来ており輝石は大抵の場合がブロンザイトです。
¥7,380
ヴァカムエルタ 7.7g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 1
ヴァカムエルタ 7.7g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 1
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦33X横19X高4mm 【重さ】 約7.7g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥15,800
ヴァカムエルタ 12g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 2
ヴァカムエルタ 12g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 2
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦45X横25X高4mm 【重さ】 約12.5g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥25,800
ヴァカムエルタ 16g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 3
ヴァカムエルタ 16g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 3
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦41X横34X高4mm 【重さ】 約16.0g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥32,800
ヴァカムエルタ 16g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 4
ヴァカムエルタ 16g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 4
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦51X横38X高4mm 【重さ】 約16.1g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥33,800
ヴァカムエルタ 16g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 5
ヴァカムエルタ 16g 原石 標本 石鉄 隕石 メソシデライト VacaMuerta 5
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦42X横34X高4mm 【重さ】 約16.7g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト-A1 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【ヴァカムエルタの豆知識】 総質量は3.8トンで1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後に何十年もかけて標本が回収されていましたが近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石 メソシデライト】 メソシデライトは珪酸塩鉱物と鉄ニッケル成分の比率が1対1ということから珪酸塩鉱物と金属の真ん中という意味でmeso(中間)siderite(隕鉄)と名付けられ、ポリミクト角礫岩(異なる鉱物組成を持つ岩石破片の集積体)で珪酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石、紫蘇輝石や古銅輝石などから出来ています。 母天体に他の天体が衝突した結果、母天体の表面で形成されたと考えられており、珪酸塩部分はユークライトやダイオジェナイトに似た組成を持ち、斜長石と高温型の石英(鱗珪石)に富むタイプAや斜方輝石に富むタイプBなどのサブグループがあります。
¥34,800
アエンデ 1.1g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 1
アエンデ 1.1g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 1
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦16X横12X高5mm 【重さ】 約1.1g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥4,980 SOLD OUT
アエンデ 1.4g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 2
アエンデ 1.4g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 2
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦14X横12X高7mm 【重さ】 約1.4g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥6,280
アエンデ 1.4g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 3
アエンデ 1.4g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 3
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦15X横8X高9mm 【重さ】 約1.4g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥6,280 SOLD OUT
アエンデ 1.4g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 4
アエンデ 1.4g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 4
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦17X横10X高7mm 【重さ】 約1.4g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥6,280
アエンデ 1.5g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 5
アエンデ 1.5g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 5
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦15X横11X高8mm 【重さ】 約1.5g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥6,780
アエンデ 1.5g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 6
アエンデ 1.5g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 6
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦15X横10X高8mm 【重さ】 約1.5g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥6,780
アエンデ 1.7g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 7
アエンデ 1.7g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 7
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦18X横9X高7mm 【重さ】 約1.7g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥7,580
アエンデ 1.8g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 8
アエンデ 1.8g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 8
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦20X横10X高7mm 【重さ】 約1.8g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥7,980
アエンデ 1.9g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 9
アエンデ 1.9g 原石 標本 隕石 炭素質コンドライト CV3 Allende 9
ルースケース・隕石の豆知識カード・隕石名と発見国が記載された貼付前のテプラテープ付きです。 【サイズ】 約 縦15X横12X高8mm 【重さ】 約1.9g 【種類】 石質隕石 炭素質コンドライト CV3 【発見地】 メキシコ合衆国チワワ州アエンデ村 【発見年】 1969年2月8日1時5分 【アエンデの豆知識】 アエンデ隕石は地球上で発見された中で最大の炭素質コンドライトです。 また、発見されたのがアポロ11号の打ち上げによって月の石が地球に持ち帰られ、惑星科学発展の幕開けの年だったこともあり、歴史の中で最も研究された隕石と呼ばれることが多いです。 最も古い既知の物質であると推定されるコンドリュールとCAI(Caカルシウム、Alアルミニウム、rich豊富、inclusions包含)が含まれており、45億年以上前に形成されたもので、これは発見されている物質の中で太陽系最古の物質です。 これらは地球よりも3000万年古く、地球上で最も古い岩石よりも2億8700万年古いとされています。 また、5μmほどの炭化珪素が含まれており、これは超新星爆発の際に吹き飛ばされた粒子だということ判明しています。 【炭素質コンドライト CV】 CVは炭素質(Carbonaceous)のCと分類時のプロトタイプであるヴィガラノ隕石(Vigarano)のVから来ています。 構造も組成も普通コンドライトに最も近く、結晶構造に水をあまり含まないため頑丈で風雨にさらされても分解されにくいです。 CVの最大の特徴は暗い灰色のマトリックスの中にある不規則な形の白い大きな包有物[CAI](高カルシウムアルミニウム含有物と珪酸塩鉱物の混合物)の存在です。
¥8,480
隕石販売.jp
千葉県流山市東初石3丁目130-57-101
TEL: 050-5273-1089
E-mail:info@insekihanbai.jp

お得なセール情報を受け取る