• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
24/2/13~全品10%OFF クーポンコードは7854★次回3月下旬に隕石ペンダント登録

鉄隕石 ムオニオナルスタ

ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.1g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.61
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.1g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.61
【サイズ】 約 縦15X横13X高13mm 【重さ】 約8.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥4,880
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.63
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.63
【サイズ】 約 縦32X横9X高5.9mm 【重さ】 約8.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥4,980
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.5g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.70
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.5g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.70
【サイズ】 約 縦28X横15X高9.3mm 【重さ】 約8.5g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,180
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.6g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.72
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.6g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.72
【サイズ】 約 縦19X横16X高9.9mm 【重さ】 約8.6g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,180
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.7g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.74
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.7g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.74
【サイズ】 約 縦19X横14X高7.7mm 【重さ】 約8.7g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,280
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.8g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.75
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.8g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.75
【サイズ】 約 縦17X横16X高11mm 【重さ】 約8.8g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,280
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.8g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.76
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 8.8g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.76
【サイズ】 約 縦27X横9X高9.2mm 【重さ】 約8.8g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,280
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.0g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.78
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.0g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.78
【サイズ】 約 縦13X横11X高10mm 【重さ】 約9.0g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,480
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.0g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.79
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.0g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.79
【サイズ】 約 縦17X横13X高9.0mm 【重さ】 約9.0g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,480
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.80
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.80
【サイズ】 約 縦28X横15X高9.6mm 【重さ】 約9.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,580
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.81
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.81
【サイズ】 約 縦29X横7X高7.3mm 【重さ】 約9.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,580
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.82
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.82
【サイズ】 約 縦19X横15X高8.6mm 【重さ】 約9.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,580
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.83
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.83
【サイズ】 約 縦15X横15X高9.8mm 【重さ】 約9.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,580
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.84
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.2g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.84
【サイズ】 約 縦18X横13X高10mm 【重さ】 約9.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,580
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.5g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.85
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.5g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.85
【サイズ】 約 縦23X横10X高7.4mm 【重さ】 約9.5g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,680
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.5g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.86
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.5g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.86
【サイズ】 約 縦19X横20X高5.8mm 【重さ】 約9.5g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,680
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.6g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.88
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.6g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.88
【サイズ】 約 縦15X横14X高7.7mm 【重さ】 約9.6g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,780
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.8g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.89
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.8g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.89
【サイズ】 約 縦18X横17X高6.2mm 【重さ】 約9.8g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,880
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.9g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.90
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 9.9g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.90
【サイズ】 約 縦32X横14X高5.5mm 【重さ】 約9.9g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥5,980
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.91
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.91
【サイズ】 約 縦22X横14X高7.7mm 【重さ】 約10.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥6,080
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.93
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.93
【サイズ】 約 縦25X横16X高10mm 【重さ】 約10.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥6,180
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.94
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.94
【サイズ】 約 縦31X横10X高6.0mm 【重さ】 約10.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥6,180
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.95
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 10g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.95
【サイズ】 約 縦19X横15X高7.1mm 【重さ】 約10.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥6,180
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 11g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.97
ムオニナルスタ ムオニオナルスタ 11g スライス カット 標本 隕石 オクタヘドライト No.97
【サイズ】 約 縦21X横17X高9.8mm 【重さ】 約11.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IVA 【発見地】 スウェーデン王国ノールボッテン県パヤラ地区 【発見年】 1906年 【ムオニオナルスタの豆知識】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境の西にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総質量は230Kgの鉄隕石で1910年にHogbom教授がムオニオ川沿いのMuonionalustaという地名にちなんでムオニオナルスタと名づけました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており北極のツンドラにある氷山や氷堆石からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が美しく出る隕石として人気がありますが飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で市場に流通している量も多くはない隕石です。 【鉄隕石 オクタヘドライト】 オクタヘドライトという名前はテーナイトの結晶格子の角にカマサイトが成長し八面体(オクタへドロン)構造になることに由来しており、ニッケルの含有量は6.5-12.5%程度です。 エッチング処理を施すとカマサイトよりも酸に溶けにくいテーナイトが浮かび上がり、特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れ、 構造のバンドの幅(ニッケルの含有量)により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックなどに分類されます。 ニッケルが少ないほど粗粒(バンド幅が広くなる)よりになり、オクタへドライトは結晶(八面体)に対して縦横斜めなど違う角度で切断した場合は全く違う模様が出現し、ウィドマンシュテッテンとは構造を一番初めに論文として発表したカウント・アロイス・フォン・ウィドマンシュテッテン氏からきています。
¥6,780
隕石販売.jp 10%OFF

お得なセール情報を受け取る