メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

お気に入り

最近チェックした商品

モバイル

Feed

リアルガー 鶏冠石 23g 原石 標本 三重県多気郡 Realgar 3

通販特別価格 1,280円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦41X横34X高14mm
【重さ】
約23.8g
【産地】
三重県多気郡多気町
【分類】
硫化鉱物
【化学式】
As4S4 or AsS
【結晶系】
単斜晶系
【へき開】
010 1方向良好、-101 100 120 110 6方向明瞭
【モース硬度】
1.5-2
【光沢】
樹脂光沢
【色】
赤色、暗赤色、オレンジ色、黄色、灰色
【条痕】
赤色、オレンジ色
【比重】
3.5
【鶏冠石の豆知識】
リアルガーの名前の由来は、アラビア語で鉱山の粉末を意味するrahj-al-gharから名づけられました。
ルビー硫黄や砒素のルビーとも呼ばれており、古くは紀元前1500年頃から古代エジプト人は温泉の中からこの鉱物を発見し、それを砕いてオレンジ色の顔料を作り出したとされています。
中国では、赤い鶏冠石を「雄黄」とし、黄色のオーピメントを「雌黄」としており、蛇や虫除けのために家の周りに撒かれたり、毒性が認識されていなかった昔は漢方や端午の節句の魔除け酒として飲まれたりしていました。
320℃で溶け、青みがかった炎で燃え、ヒ素と硫黄のガスを放出し、かつては花火の色を白くするための着色料などとして雄黄と共に採掘されていました。
光分解して方砒素華と石黄に変化したり、光相変化すると同質異像のパラ鶏冠石に変化したりします。
砒素と書くと、毒性が強く非常に恐ろしく感じますが、水溶性ではないので手で持ったりするくらいでは問題ありませんが、触ったあとは必ず手をよく洗い、口に入れたりするのは避け、小さなお子さまがいるご家庭では保管に厳重な注意が必要です。また、他の石と一緒に置くことも避けたほうがいいでしょう。