亜鉛雲母 ヘンドリックサイト 41g 原石 標本 アメリカ Hendricksite 1

通販特別価格 1,480円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦56X横34X高20mm
【重さ】
約41.3g
【産地】
アメリカ合衆国ニュージャージー州サセックス郡フランクリン区スターリングヒル鉱山
【分類】
珪酸塩鉱物
【化学式】
KZn3(Si3Al)O10(OH)2
【結晶系】
単斜晶系
【へき開】
001 1方向完全
【モース硬度】
2.5-3
【光沢】
ガラス光沢
【色】
コッパー色、ブロンズブラウン色、褐色、暗赤褐色
【条痕】
赤茶色
【比重】
2.8-3.4
【亜鉛雲母の豆知識】
ヘンドリックサイトという名前は、1966年にClifford FrondelとJun Itoが雲母グループの優れた研究者であり、アメリカの結晶学者、化学者、植物生理学、植物栄養学、土壌化学の科学者であったスターリング・ブラウン・ヘンドリックス(Sterling Brown Hendricks)博士に敬意を表して命名しました。
国際鉱物学連合(International Mineralogical Association)に承認されたのは1966年です。
銅のような深い赤から黒みがかった赤色をしており、最大で40cmの板状または短い角柱状の結晶として現れます
化学式のZn(亜鉛)はマンガンやマグネシウムで置換することができ、ジンヘンドリックサイト(zincohendricksite)とマンガノアンヘンドリックサイト(manganoanhendricksite)を端成分に持つ固溶体系列に含まれる可能性があるとされています。
2021年4月時点では亜鉛を主成分とする雲母はこの鉱物しか存在しておらず、アメリカ・ウクライナ・オーストラリア・アルゼンチンの4つの国でしか見つかっていません。