ケープヨーク隕石 3.0g 原石 標本 スライス 鉄隕石 オクタヘドライト グリーンランド Cape York 3

通販特別価格 9,480円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦14X横13X高2.0mm
【重さ】
約3.0g
【種類】
鉄隕石 オクタヘドライト IIIAB
【発見地】
グリーンランドのサビクソア島
【発見年】
1818年
【ケープヨークの豆知識】
総質量58.2トンで少なくとも8つの大きな破片が回収されており、それぞれに、Ahnighito、Woman、Dog、Savik I、Thule、Savik II、Agpalilik、Tunorputという名前が付けられています。
隕石の名前自体は最も大きな破片が見つかった場所にちなんで名づけられており、隕石の落下日については今でも議論されていますが、おそらく8000年〜10000年前だろうとされています。
隕石の存在は地元のイヌイットも知っており、鉄資源として何世紀にもわたって採掘されていました。
1818年時点ではイギリスの第1ロス遠征隊がイヌイットと接触し、隕石の情報を入手しましたが、度重なる悪天候と海氷で調査ができず、1818年から1883年までの間にイギリス、スウェーデン、デンマークがこの地域に5回調査遠征をしましたが、隕石を見つけることはできませんでした。
1894年にアメリカ海軍のロバート・E・ピアリーがヨーク岬すぐそばにあるサビクソア島で隕石を発見し、3年がかりで回収した後、現在では、アメリカ自然史博物館とコペンハーゲン大学地質博物館に大きな標本が展示されています。
【鉄隕石 オクタヘドライト】
鉄隕石とは隕鉄と呼ばれる鉄とニッケルの合金を主成分とする隕石で、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉄隕石に含まれる鉄は、鉄器時代の始まりを告げる製錬技術が開発される前に人類が利用可能な鉄の最も初期の供給源の一つでした。
鉱物的には主にニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ており、構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられ、構造の違いはニッケル含有比によるものです。
通常のオクタヘドライトは、ニッケル比が5−18%でカマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。