• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
24/2/13~全品10%OFF クーポンコードは7854★次回3月下旬に隕石ペンダント登録

火星隕石

NWA6963 20mg 原石 標本 隕石 火星 石 エイコンドライト シャーゴッタイト No.4
NWA6963 20mg 原石 標本 隕石 火星 石 エイコンドライト シャーゴッタイト No.4
【サイズ】 約3mm 【重さ】 約20mg ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【NWA6963の豆知識】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し正確な分析をする前にAHabibi氏に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【エイコンドライト シャーゴッタイト】 シャーゴッタイトという名前はインド東部のシャーゴッティ近くに落下した隕石の名前から名付けられました。 火星に別の小惑星が衝突した衝撃で宇宙空間に岩石が放出されて、その後に地球に落下したものであると仮定されています。 なぜそう仮定されているかというとアメリカ航空宇宙局が1960-1970年代に行った火星探査計画で火星に着陸した探査機や軌道上の宇宙船によって測定された火星の岩石と大気ガスがシャーゴッタイトから検知された元素組成・同位体組成とほぼ一致したからです。 特徴をみてみると斜長石や輝石や橄欖石からなる集積岩で、マグマから晶出した結晶がマグマ溜まりの底に沈むときに結晶が水平になったのか結晶が一定方向を向いているものが多いです。
¥18,800
NWA6963 20mg 原石 標本 隕石 火星 石 エイコンドライト シャーゴッタイト No.7
NWA6963 20mg 原石 標本 隕石 火星 石 エイコンドライト シャーゴッタイト No.7
【サイズ】 約3.5mm 【重さ】 約20mg ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【NWA6963の豆知識】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し正確な分析をする前にAHabibi氏に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【エイコンドライト シャーゴッタイト】 シャーゴッタイトという名前はインド東部のシャーゴッティ近くに落下した隕石の名前から名付けられました。 火星に別の小惑星が衝突した衝撃で宇宙空間に岩石が放出されて、その後に地球に落下したものであると仮定されています。 なぜそう仮定されているかというとアメリカ航空宇宙局が1960-1970年代に行った火星探査計画で火星に着陸した探査機や軌道上の宇宙船によって測定された火星の岩石と大気ガスがシャーゴッタイトから検知された元素組成・同位体組成とほぼ一致したからです。 特徴をみてみると斜長石や輝石や橄欖石からなる集積岩で、マグマから晶出した結晶がマグマ溜まりの底に沈むときに結晶が水平になったのか結晶が一定方向を向いているものが多いです。
¥18,800
NWA6963 1-2mm 原石 標本 隕石 火星 石 エイコンドライト シャーゴッタイト No.8
NWA6963 1-2mm 原石 標本 隕石 火星 石 エイコンドライト シャーゴッタイト No.8
【サイズ】 約0.5-2mm程度 【重さ】 約10-15mg程度/セット ルースケース・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 【種類】 石質隕石 エイコンドライト シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【NWA6963の豆知識】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し正確な分析をする前にAHabibi氏に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【エイコンドライト シャーゴッタイト】 シャーゴッタイトという名前はインド東部のシャーゴッティ近くに落下した隕石の名前から名付けられました。 火星に別の小惑星が衝突した衝撃で宇宙空間に岩石が放出されて、その後に地球に落下したものであると仮定されています。 なぜそう仮定されているかというとアメリカ航空宇宙局が1960-1970年代に行った火星探査計画で火星に着陸した探査機や軌道上の宇宙船によって測定された火星の岩石と大気ガスがシャーゴッタイトから検知された元素組成・同位体組成とほぼ一致したからです。 特徴をみてみると斜長石や輝石や橄欖石からなる集積岩で、マグマから晶出した結晶がマグマ溜まりの底に沈むときに結晶が水平になったのか結晶が一定方向を向いているものが多いです。
¥18,800
隕石販売.jp 10%OFF

お得なセール情報を受け取る