• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
24/2/13~全品10%OFF クーポンコードは7854★3月下旬に隕石ペンダント登録

鉄隕石 カンポデルシエロ

カンポデルシエロ 43.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.42
カンポデルシエロ 43.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.42
【サイズ】 約 縦30X横22X高18mm 【重さ】 約43.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥6,480
カンポデルシエロ 38.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.41
カンポデルシエロ 38.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.41
【サイズ】 約 縦31X横20X高20mm 【重さ】 約38.7g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥5,880
カンポデルシエロ 37.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.40
カンポデルシエロ 37.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.40
【サイズ】 約 縦29X横27X高16mm 【重さ】 約37.7g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥5,680
カンポデルシエロ 37.2g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.39
カンポデルシエロ 37.2g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.39
【サイズ】 約 縦30X横23X高14mm 【重さ】 約37.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥5,580
カンポデルシエロ 34.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.38
カンポデルシエロ 34.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.38
【サイズ】 約 縦34X横24X高17mm 【重さ】 約34.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥5,180
カンポデルシエロ 33.9g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.37
カンポデルシエロ 33.9g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.37
【サイズ】 約 縦23X横26X高16mm 【重さ】 約33.9g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥5,080
カンポデルシエロ 33.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.36
カンポデルシエロ 33.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.36
【サイズ】 約 縦29X横28X高16mm 【重さ】 約33.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥4,980
カンポデルシエロ 32.2g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.35
カンポデルシエロ 32.2g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.35
【サイズ】 約 縦27X横29X高15mm 【重さ】 約32.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥4,880
カンポデルシエロ 32.0g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.34
カンポデルシエロ 32.0g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.34
【サイズ】 約 縦24X横25X高11mm 【重さ】 約32.0g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥4,880
カンポデルシエロ 30.2g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.33
カンポデルシエロ 30.2g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.33
【サイズ】 約 縦30X横23X高18mm 【重さ】 約30.2g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥4,580
カンポデルシエロ 30.0g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.32
カンポデルシエロ 30.0g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.32
【サイズ】 約 縦31X横20X高14mm 【重さ】 約30.0g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥4,580
カンポデルシエロ 28.6g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.31
カンポデルシエロ 28.6g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.31
【サイズ】 約 縦33X横26X高9.7mm 【重さ】 約28.6g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥4,280
カンポデルシエロ 26.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.30
カンポデルシエロ 26.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.30
【サイズ】 約 縦33X横19X高14mm 【重さ】 約26.7g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥3,980
カンポデルシエロ 26.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.29
カンポデルシエロ 26.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.29
【サイズ】 約 縦16X横17X高16mm 【重さ】 約26.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥3,980
カンポデルシエロ 26.0g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.28
カンポデルシエロ 26.0g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.28
【サイズ】 約 縦24X横20X高14mm 【重さ】 約26.0g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥3,880
カンポデルシエロ 25.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.27
カンポデルシエロ 25.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.27
【サイズ】 約 縦38X横28X高9.2mm 【重さ】 約25.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥3,780
カンポデルシエロ 25.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.26
カンポデルシエロ 25.1g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.26
【サイズ】 約 縦30X横16X高13mm 【重さ】 約25.1g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥3,780
カンポデルシエロ 23.5g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.25
カンポデルシエロ 23.5g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.25
【サイズ】 約 縦21X横21X高16mm 【重さ】 約23.5g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥3,580
カンポデルシエロ 20.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.24
カンポデルシエロ 20.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.24
【サイズ】 約 縦29X横20X高9.6mm 【重さ】 約20.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥2,980
カンポデルシエロ 20.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.23
カンポデルシエロ 20.3g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.23
【サイズ】 約 縦18X横18X高18mm 【重さ】 約20.3g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥2,980
カンポデルシエロ 19.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.22
カンポデルシエロ 19.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.22
【サイズ】 約 縦25X横14X高16mm 【重さ】 約19.4g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥2,980
カンポデルシエロ 18.8g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.21
カンポデルシエロ 18.8g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.21
【サイズ】 約 縦36X横21X高12mm 【重さ】 約18.8g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥2,880
カンポデルシエロ 18.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.20
カンポデルシエロ 18.4g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.20
【サイズ】 約 縦21X横20X高15mm 【重さ】 約18.4g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥2,780
カンポデルシエロ 17.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.19
カンポデルシエロ 17.7g 原石 標本 隕石 鉄隕石 オクタへドライト CampodelCielo No.19
【サイズ】 約 縦29X横18X高13mm 【重さ】 約17.7g ルースケース・防錆オイル(小)・隕石説明カード・隕石名と産地が書かれたシール付きです。 ※カットされたような面は大きな原石からカットしたり、錆を機械研磨で落とした際にできた面となります。 ※ご注文があるまで防錆のため鉱物オイルを塗布しており、発送時にはなるべく拭き取りますがゴツゴツした形状のためオイルの拭き残しがある場合がございますので予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン共和国チャコ州及びサンティアゴ・デル・エステロ州 【発見年】 1576年 【カンポデルシエロの豆知識】 総質量は約100トンあり落下時にできたクレーターの範囲は3X18.5キロメートル、少なくとも26のクレーターがあり最大のものは115X91メートルあります。 1576年にアルゼンチン北部の州知事は突如発見された巨大な鉄の塊の捜索を軍に依頼し、ピグエム・ノンラルタ(スペイン語でカンポデルシエロ)という場所で土の中から大きな金属の塊が発見され捜索隊はそれを鉄の鉱山だと推測し、異常に鉄の純度が高いサンプルを持ち帰りました。 近くの原住民は「言い伝えでは鉄の塊は空から落ちてきた」と繰り返し発言していましたが、ただの鉄だと思われていたことでいつしか忘れ去られました。 1774年にバルトロメ・フランシスコ・デ・マグナが鉄の塊を再発見し、エル・メソン・デ・フィエロ(鉄のテーブル)と名付け、この鉄塊は鉄鉱脈が露出しているのだと考えたので爆発物を使い鉄塊の周りを削り取りましたが約15トンほどだと思われる鉄塊が1つ出てきただけなので無価値だと思いその場に放棄しました。 しかし、彼はサンプルを持ち帰っており後に分析された結果、鉄が90%・ニッケルが10%含まれていることが判明し隕石起源の鉄塊だと結論が出されました。 現代でも隕石の採取は行われており1969年には約28.8トンありエルチャコと名付けられた巨大な鉄塊が発見されたり2016年には約30.8トンありガンデオと名付けられた巨大な鉄塊が発見されています。
¥2,680
隕石販売.jp 10%OFF

お得なセール情報を受け取る