モルダバイト モルダウ石 3.5g 原石 標本 チェコ共和国 Moldavite 13

通販特別価格 12,800円(税込)
在庫状況 残り1粒
購入数
【サイズ】
約 縦23X横13X高11mm
【重さ】
約3.5g
【産地】
チェコ共和国ボヘミア地方南部
【分類】
天然ガラス
【化学式】
SiO2(+Al2O3)
【結晶系】
非晶質
【モース硬度】
5.5-7
【光沢】
ガラス質
【色】
フォレストグリーン
【多色性】
なし
【比重】
2.32-2.38
【モルダバイトの豆知識】
およそ1500万年前にドイツの南のネルトリンゲンに落下し、ネルトリンガー・リース・クレーターを作った隕石に跳ね上げられた地表の物質が急速に溶解・濃縮し硬化したものと近年になってわかりました。
隕石が地球上に落下した際の衝撃により形成された天然のガラスです。瞬時に生じた温度と圧力、運動エネルギーにより特定の成分が集中して残り、ガラス化し、飛散したものと言われています。
1787年にモルダウと呼ばれるボヘミア(現在のチェコ共和国)のブルタバ川の近くで最初に発見されたと記録されており、当初はクリソライトとして紹介されていました。
その後、1836年にボヘミアのモルダヴ川の名をとってモルダバイトと命名されました。
モルダバイトの内、約99%は南ボヘミア地方から発見されており、残りの1%は南モラヴィア地方で発見されています。
モラヴィア産のモルダバイトの色は、ボヘミア産のモルダバイトとは異なり、茶色がかった色をしています。
【モルダバイトの龍紋について】
龍が這ったような模様があることから、よく竜紋(龍紋)とか龍川という表現をききますが、これはルシャトリエライトが内包されていることで起こります。
偽物は龍紋っぽく模様をつけても、ルシャトリエライトが内包されていないため、専門の装置を使って検査すれば一発で判別できます。
【モルダバイトの品質について】
モルダバイトにはミュージアムグレードと呼ばれるハイクオリティ、ミディアムクオリティ、レギュラークオリティの3の品質が明確に存在しています。
ハイクオリティはシダ植物のような模様がはっきりと見え、とても透明度が高いです。レギュラークオリティのものは緑色が濃く透明度があまりなく、表面は孔食のような穴がボコボコとしています。ミディアムクオリティは、レギュラーより透明度が少し高くなったような感じです。