メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

お気に入り

最近チェックした商品

モバイル

Feed

ダイオプサイド ダイオプサイト クロム 透輝石 132g 原石 標本 山梨県南巨摩郡南部町 Diopside 2

通販特別価格 1,980円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦75X横42X高28mm
【重さ】
約132.8g
【産地】
山梨県南巨摩郡南部町上佐野小草里
【分類】
珪酸塩鉱物
【化学式】
MgCaSi2O6
【結晶系】
単斜晶系
【へき開】
110 2方向(90度)完全、100 1方向裂開
【モース硬度】
5.5-6.5
【光沢】
ガラス光沢
【色】
無色、白色、灰色、深緑色、青色、褐色、紫色
【条痕】
白色
【比重】
3.2
【透輝石の豆知識】
ダイオプサイドの名前の由来は、ギリシャ語で二度を表す「dis」と「面」を表す「opse」に由来しています。
これは見る方向によって違った色合いを示すダイオプサイドの特性を示したもので、1800年頃にブラジルの博物学者ジョゼ・ボニファチオ・デ・アンドラダ・エ・シルヴァによって書かれた文献で初めて登場しました。
クロムが入ることで深く鮮やかな緑になったり、キャッツアイ効果やスター効果が見られるブラックスター、MgがFeになると灰鉄輝石(へデンバージャイト)、MgがMnになるとヨハンセン輝石(ヨハンセナイト)、微量のマンガンを含み青色になるヴィオランなどがあります。