メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

お気に入り

最近チェックした商品

モバイル

Feed

デュモルチェライト デュモルチ石 12g 原石 標本 栃木県那須蝋石鉱山 Dumortierite 1

通販特別価格 1,680円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦35X横26X高10mm
【重さ】
約12.0g
【産地】
栃木県黒磯市百村那須蝋石鉱山
【分類】
珪酸塩鉱物
【化学式】
Al7BSi3O18
【結晶系】
斜方晶系
【へき開】
100 1方向良好、110 2方向不明瞭
【モース硬度】
7-8.5
【光沢】
ガラス光沢
【色】
青色、青緑色、青紫色、紫色、赤紫色、赤色
【条痕】
白色
【比重】
3.3-3.4
【デュモルチ石の豆知識】
英名のデュモルチェライトは、1881年にフランス共和国ローヌ・アルプ地方のシャポノストで初めて発見され、フランスの古生物学者であったウジェーヌ・デュモルティエにちなんで名付けられました。
微細な柱状または針状結晶が繊維状に集合して塊をなす鉱物で、泥質岩起源の結晶片岩や片麻岩中に産し、アルミニウムや鉄の影響を受けることで様々な色に変化します。
資源としては幾つかの用途があり、焼成すると非常に純粋な白色になるため海外では高品質の陶器や磁器の製造に使用されています。
また、ラピスラズリやソーダライトのように青の深い石で、ラピスラズリやソーダライトやラズライトなどと誤認されることが多く、中国ではラピスラズリの模造品として彫刻などに使用されていることがよくあります。