ゾイサイト ルビーインゾイサイト アニョライト 灰簾石 168g 原石 標本 タンザニア Zoisite 5

通販特別価格 2,180円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦51X横51X高37mm
【重さ】
約168.9g
【産地】
タンザニア連合共和国アルーシャ州ロンギド地区ムンドララ鉱山
【分類】
珪酸塩鉱物
【化学式】
Ca2Al3Si3O12(OH)
【結晶系】
斜方晶系
【へき開】
010 1方向完全、100 1方向不完全
【モース硬度】
6-7
【光沢】
ガラス光沢
【色】
無色、白色、灰色、黄色、ピンク色、青色、紫色
【条痕】
白か無色
【比重】
3.1-3.35
【灰簾石の豆知識】
ゾイサイトは、1797年に鉱物商であったサイモン・プレゼレンが発見しましたが、鉱物の種類が特定できなかったため、スロベニア貴族で鉱物学者であったジグムント・ゾイス・フォン・エーデルスタインに託しました。
その後、ゾイスはドイツの地質学者であったアブラハム・ゴットロープ・ウェルナーに鑑定を依頼し、鑑定の結果、1805年に発見地にちなんでザオアルパイトという名前で新鉱物として発表されましたが、色々とあり、ジグムント・ゾイスの名前からゾイサイトと名付けられました。
緑色の部分がゾイサイトで、別名はアニョライトと言い、産地であるタンザニアのマサイ族の言葉で緑を意味するanyoliから来ています。昔から現地では装飾品用の石として用いられていたそうです。
そして、この鉱物は緑色のゾイサイト中にルビーを含むものとなります。