キンバーライト キンバリー岩 キンバレー岩 48g 原石 標本 南アフリカ Kimberlite 1

通販特別価格 2,980円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦38X横34X高30mm
【重さ】
約48.9g
【産地】
南アフリカ共和国北ケープ州キンバリー
【キンバリー岩の豆知識】
英名のキンバーライトは1869年に南アフリカで83.5ctもあるダイヤモンド(別名でスターと呼ばれた)が発見され、ダイヤモンドラッシュが起こった南アフリカ共和国北ケープ州の州都キンバリーに因んでいます。
カンラン石と雲母を主要構成鉱物とする超塩基性の火成岩で、雲母橄欖岩とも呼ばれており、キンバーライト・パイプとして知られる垂直構造および火成岩の中で150〜450kmというマントルの深部である地球の地殻に存在します。
キンバーライトは、その相対的な希少性にもかかわらず、ダイヤモンドやガーネット、ペリドタイトなどを地表に運ぶ役割を果たしていることに注目されがちです。
キンバーライトは他の火成岩よりも深いところから産出された可能性が高く、シリカの含有量が少なく、微量元素の濃縮度が高いという極端なマグマ組成を反映していることから、キンバーライトの生成過程を理解することがマントルや地殻を解析するのに重要となっています。
また、ダイヤモンド原石の母岩として産出されることで知られていますが、ダイヤモンドの含有量は1トンあたり1カラットにも満たないといわれています。