ケンタレナイト ケンタレン岩 モンゾニ岩 64g 黒御影 原石 標本 岩手県二戸郡 Kentallenite 1

通販特別価格 1,680円(税込)
在庫状況 残り1個
購入数
【サイズ】
約 縦71X横37X高22mm
【重さ】
約64.3g
【産地】
岩手県二戸郡一戸町鳥越
【ケンタレン岩の豆知識】
ケンタレナイトという名前は、過去にスコットランドのアーガイルシャー郡バラチュリッシュ村近くのケンタレン採石場で採取が出来たため名付けられました。現在は枯渇しています。
近年では世界的に見ても産出はないに等しく、日本国内では岩手県二戸郡一戸町でのみ採取できることが知られていて、高速道路の工事に伴って露頭が新たに現れたため、八戸自動車道の二戸パーキングエリアに大きなケンタレン岩と説明板が設置されています。
橄欖石モンゾニ岩という名前もあり過去には黒御影とも呼ばれており、黒地の中に金(雲母)と青(長石)の斑点を持ち月長石を含む青白い光を放つものは月光石と呼ばれ、装飾品や灰皿や墓石などの石材として使用されていました。
中生代末期に古生層にマグマが貫入し冷却、固結してできた岩石で、石材の中で最も美しいと言われており、ほぼ等量の輝石、橄欖石、斜長石、正長石からなり、黒雲母、磁鉄鉱、燐灰石を伴いアルカリに富む深成岩です。